読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEEKENDER

更新するのは休日のみ 週末男の人生議事録

悪い癖

11月11日。日曜日。 事務所にて。 昨日、本物の建築家からナマの講義を聞いて、興奮冷めやまないまま自分の仕事に戻った。第一線で活躍する建築家が建築に対してどう向き合っているのか、その真摯すぎるくらい真摯な姿勢に、刺激を受けて今に至る。本当はそ…

建築家

11月10日。土曜日。 夕方、卒業した大学の講演会に出席。 建築家・五十嵐淳氏を招いての建築学科主催の講演会。バリバリ活躍している建築家の話を母校で聞けるとあって、大学時代の友達を誘って行ってみた。 卒業以来ほとんど行ってなかったキャンパス。芝生…

その板の中には宇宙が

いままで電子書籍にやや否定的だったけど、肯定的な意見を聞いてちょっと揺らいだ。 もともと、頑なに否定するつもりはなかった。ものすごい進化だと思う。人の生活習慣を変える、画期的なツールだと思う。ただ、なんか「おっイイね、買おうっと」とはならな…

コーポラティブハウス

10月7日。日曜日。 事務所待機中。 自由が丘では毎年恒例の「自由が丘女神祭り」が行われているようで、駅前はにぎやか。平日でさえ人が多く、田舎ものの私はいまだに慣れませんが、日曜日のにぎわいといったら、それはすごいものです。休日に人が集まるまち…

「無知の知」再考

i Phone 5 が満を持して発売され、もはや日本はタブレット王国にまでなってしまったのではないかと思うくらい、世間にはスマホが蔓延している、気がする。これもひとつの時代の流れだから仕方ないことだろうし、きっとそのうち自分もそのうちの一人になるで…

残業するということ

9月15日。土曜日。 お盆休みが終わって間もないが、ここへきてまた3連休。人から、「いったいどれだけ休んでるんだよ」と言われても仕方ないくらい、実は休んでいるものなのかもしれない。自分ではそういう実感はないが、実際には5日はたらいたら2日の休…

music.jpなんて覚えてないよ。

自分のお金の使い方を冷静になって見返してみると、けっこう無駄が多いことに気付く。決してもらってる給料が極端に低いわけでもないんだから、身分不相応のゴージャスな生活でもしない限り、底をつくということはないだろう。それでも貯まっていく実感があ…

暑中お見舞い

申し上げます。 この季節になると、いつも実家のすぐ近く、毎年軒並み最高気温を観測する猛暑のまち、熊谷を思い出す。当の熊谷市も、そのことを逆手にとって、「『あついぞ!熊谷』事業」なるものを考え、完全に開き直ってる模様。「暑い」という比較的マイ…

モダンタイムス

伊坂幸太郎著「モダンタイムス」が面白い。 モダンタイムス(上) (講談社文庫)作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2011/10/14メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 53回この商品を含むブログ (93件) を見る モダンタイムス(下) (講談社文庫)作…

「企画」とは

大学時代から、この言葉をよく聞いていたような気がします。そもそも建築用語でもないような気もします。でも、講義の中で大げさにその言葉について定義づけまでして、いわゆる「建築デザイン」と区別していたところをみると、きっと幅広い建築学の中の一分…

熱狂

6月23日。土曜日。午前中、少し仕事。竣工済みコーポラの組合総会に出席。「これがコーポラか」と改めて驚くくらい、入居者同士の仲がいい。あたりまえだと言ってしまえばそれまでだが、みんながみんな、それぞれに家のことに関心を持っていて、それぞれ…

競争が過熱するとロクなことがない

最近、事故が多い。何の罪もない一般人がその事故の犠牲になってしまった、というニュースを聞くたび、その場にもし自分がいたらとか、知人がそこにいたらとか想像してゾッとする。 ゴールデンウィークの始まり、関越道で夜行バスが防音壁に衝突する事故が起…

安藤忠雄 仕事をつくる 私の履歴書

【送料無料】安藤忠雄仕事をつくる [ 安藤忠雄 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 科学・医学・技術 > 建築学 > 建築ショップ: 楽天ブックス価格: 2,000円楽天で詳細を見る 安藤さん。 たぶん一番有名な安藤さん。 自分の中で最も尊敬する安藤さん。 苗字が同…

ありがとう絆と先々の長い願い

花柄の気分もまた一日のうちたった6秒♪ (THE YELLOW MONKEY 「プライマル。」) 今週のお題「卒業」 3月。刺激的で憂鬱な寒さもだんだん和らいできた。この間は、雪が降り積もる中、渋谷で凍えながら仕事をしていた。路面でツルツル滑って何度も転びそう…

七人の・・・

1月29日。日曜日。 今週は演劇三昧の土日だった。昨日見た舞台「拡散していく、彼女」をきっかけに知った口コミサイト「CoRich」をフラフラ眺めてると、気になる名前の発見した。「七人の武将」なにげないタイトルといえばなにげないけれど、なぜだかぼく…

拡散

1月28日。土曜日。 特に何をするでもなく、毎週必ず訪れるはずの週末を「やっと休みだ」と言いながらぐうたらするあたり、もう末期症状だ。「やっと休みだ」と思うってことは仕事が嫌だってことじゃないのか?本来仕事ってそういう位置にあるものじゃない…

待望の20分

ついに来た。待ってた。この時をずっと待ってた。いつからって?そりゃあ2000年12月27日からずっと。いや、もっとか。2000年11月8日。「LOVE SONG」がラストシングルだと知ってからか。 20分を超えるドラマ。期待するなと言われてもそれは…

上機嫌道

「好きな女性のタイプは?」いろんな場面で聞かれることの多い質問だ。男同士でバカ話をしているなかでの起爆剤の一つであれば、そこからダイナマイトのように好みの女性の話に進展していって、それはそれで面白いとは思う。しかし、例えば男女の合コンとか…

節目の日に当たり

2011年9月11日。 今日は二つの大きな出来事の節目の日。 ①2001年9月11日のアメリカ同時多発テロからちょうど10年。 ②今年3月11日の東日本大震災からちょうど半年。 かたや人的災害、かたや自然災害、起こった経緯は180度違えど、人々…

渋滞

渋滞を避けようと意識しながら生活しているつもりだけど、なかなか避けられない。第一に、渋滞にもいろいろな種類がある。第二に、他人も同じように渋滞を避けようと意識していることが多いため、結果として渋滞にぶつかることになる。 第一については、「渋…

歌謡曲

ぼくは音楽には疎い方だ。好きなロックバンドはとことん好きで、だいたいの曲は聴いてはいるが、そういうバンドは限られてるし、それ以外の、いま音楽チャートをにぎわせているいわゆるJポップはほとんど知らない。昔でこそよく音楽番組を見てはランキングを…

加藤さんに学ぶ

昨日、久しぶりに「マジカル頭脳パワー」なるオバケクイズ番組があったことを思い出し、youtubeで検索してみたら、けっこう懐かしい映像を見ることができた。出演者がみんな若かったのもビックリだったが、それ以上に、それこそ10年以上前のクイズ番組なの…

テレビの終焉

最近テレビをほとんど見なくなった。昔はほとんど毎日、ほとんど習慣のように見ていたのに。テレビにしても新聞にしても、向こうから情報を一方的に送りつけてくるメディアには躍らされてはいけない、というような趣旨の言葉を、小飼弾氏の本で読んで「なる…

地震大国ニッポン

「日本は世界に誇る地震大国である」もはやその言葉に反論する人はいないと思う。先日の大震災は、日本の経済やインフラが大混乱するほどの災害が起こる可能性が十分にあることを私たちに示してくれた。店内に入って他に客がいない率ほぼ0%のコンビニで、…

地震ニモ負ケズ

3月13日。日曜日。 昨日サボった分まで書く。 3月11日。金曜日。14時45分。 ぼくは、松戸駅前にいた。 工事完了引渡済物件の目の前で先輩を待つ。 先輩と合流。 これから、目の前の近隣ビルのオーナーと打合せをしようとするところ。 最初、小さな…

知識

「本を読まない人はサルである」これは、マイクロソフトの元社長・成毛氏の言葉である。この本を読みながら、「確かにそうだよな」と感心したものだった。小学生の時の担任の先生が(何年生の時の担任かは忘れた)給食の時間かなんかに、「人間と動物との決…

10年

10年。 気が遠くなりそうなほど永い時間だ。 その間、それこそ考えられないほどたくさんの出来事があった。 生まれたばかりの赤ん坊は、小学校で勉強をしている真っ最中。 就職したばかりの新入社員は、勤続10年、はやければ管理職にでもなって会社を牽…

そうだ、京都へ行こう

10月10日。日曜日。三連休の中日。前日から雨が続き、テンションはダウン。外出する意欲も一気に失せ、家に引きこもって読書やらネットサーフィンやら。新しい僕の相棒、ThinkPad Edgeもなかなかいい仕事をしてくれてます。(おっ晴れてきたな。洗濯物が…

悪魔の嗜好品

「たばことコーヒーは悪魔の嗜好品」そんな言葉を、どこかで聞いた覚えがある。小説だっただろうか。ここ最近、知識不足による不安からいろんな本を浅く読んでいるため、その情報入手先が思い出せない(しかも検索もできない)。 これも何かの本で読んだこと…

タイムマシーンにのって

技術の進歩はめざましい。もはや、インターネットを使えない人はいないだろうし、例えば電車内を見渡せば、10人中9人がケータイをいじっている。そんなゾッとするような光景をみるたび、あまのじゃくなぼくは、手にもっていたケータイをポケットにしまう…

東京マラソン完走記

2010年2月28日。日曜日。東京で、3万5千人と一つになった。思い起こせば数ヶ月前。会社の上司の一言がきっかけで、入試時代を彷彿とさせる競争倍率のイベントにエントリー。落選するとばっかり思ってたが、なんと当選。それから練習の日々がはじま…

失敗とつきあう

夏休み、実家でのんびりしております。 時間の流れがとにかく遅い・・・ といって何をするでもなくボケッとしてます。 宅建の勉強も思うようにはかどらず。 まずいな、去年までとおんなじ流れになってきてる・・・ 会社で一年に一回、朝礼でスピーチをする番…