雑記

少年と犬

美容院へ。いつもとまるで変わらないマスターとの会話によって、世界はいつも通り進んでいることを実感する。過ぎし方は多少変わっても、心持ちは変わらない。変えなくて良いのだと思うと、安心できる。いつも通りであると安心したいから、定期的にここに来…

交流する力

いま自分が仕事で会う人はみな、自分がいまの事務所に所属しているからこそ出会えた人である。それはクライアントに限らない。工事を依頼する工務店であったり、土地情報を紹介してくれる不動産屋さんだったり、コーディネートしているコーポラティブハウス…

折り合い

二度目の緊急事態宣言が発令された。1都3県の中心にいる自分にその実感がなく、周囲と話をしていると「そっちは大丈夫なのか?」と心配される。外からは大変なことになっているように映っているらしい。 実際、報道を聞いてげんなりするくらい、感染者数が…

2021初詣

昼間、自宅近くのお寺へお参りに。今年一年の身の安全を祈る。 こういうとき、敷地内の大木に、庭園に鎮座する大きな石に、畏敬の念を抱く。それが存在する長い時間と、自分の身に起きる出来事が自分を悩ます短い時間とのギャップに、驚き、自分が小さく弱い…

言い訳

大みそかの今日のこの記事で、今年の記事数合計が100になる。ちょうど100!キリがいい!と思ったのもつかの間、そういう問題じゃないということに気づいた。アーカイブの記事数を見るとすぐに分かる。 かろうじて昨年より多いものの、数年前に比べるとサボっ…

ドリームプラン

例年より少し長めの年末年始休みを、自宅でゆっくりと過ごしている。関わるのは自分だけじゃないのだからと自分に言い聞かせて、ほんの少しでもと思って予定していた帰省も、やめた。父が庭木の手入れ中に脚立から落ち、膝を骨折して入院、手術するとの報を1…

珈琲の楽しみ方

珈琲を淹れて、飲む。 ゆっくり、本当に少しづつお湯を入れて、じっくり蒸らすようにつくるのがよい。そう思っていたけれど、よく行くカフェの店主にお湯を入れる時間を聞いたら、それほどゆっくりでなくて驚いた。何度のお湯を何ミリリットルくらい。その教…

本を売る側のハードル

「ふだんは建築会社、週末のみ本屋を開く」という記事を見て、楽天の卸売サービスのことを知った。 news.yahoo.co.jp foyerbook.wixsite.com 本屋が新刊を取り寄せるには「取次」と呼ばれる業者と契約を結ぶ必要がある。そしてそこには、高額な保証金やノル…

浦安でマヨネーズを買う

美容院に行くために妙典へ。その帰り、浦安にある好きなお店に立ち寄った。目的はマヨネーズを買うこと。このお店で知ったマヨネーズがおいしくて、このお店ではマヨネーズを買うとだいたい決めている。自由が丘に引っ越してから、自宅近くのセレクトショッ…

積読しないように

本を読むのが好きと言うよりも、本屋で本を買うことが好きなのかもしれない。最近は特にそう感じる。 手元にある本のほとんどは読み終わっていなくて、大半の本はちょっと読んだだけで、一部の本はまだ開いてすらいない。そんな付き合い方もあるだろう、それ…

赤飯の記憶

赤飯は自分にとってごちそうだ。普段なんでもないときに、ただ食べたいからという理由で食べられるものではない。特別な時に、特別な理由をつけて、満を持して食べるものだ。そう思っていた。それが最近は、ふと思い立った時に気兼ねなく食べられるものに変…

狭量

午後、自宅で枯れてしまった植物の代わりを買おうと仙川の島忠へ行った。肩ひじ張らず、ホームセンターで安くさくっと買えばいいんだと気づいた瞬間に何となく視界が開けたのが2週間ほど前。たくさんの植物が並ぶなかから、ゴールデンプリペットとコロキア…

マザーリーフ

植物をいただいた。どうぞ、ぜひ育ててみてください、と手渡されたのは、大きな葉っぱのギザギザした先に小さな葉っぱがびっしりついた植物。なんでも「マザーリーフ」というらしい。 自らの葉を栄養分にして、その表面から葉がさらに育っていく。そんな「つ…

糸電話

文房具屋が好きだ。別にこだわり文具を使っているわけでもなく、また、ないからといって特別困ることもいまはあまりないけれど、小さな文房具屋に入り、店に並ぶ文房具を見ていると、どうやって使おうか、とわくわくしてくる。 将来、例えば何らかの理由で仕…

カルテット

テレビドラマ「カルテット」をまとめて観た。リアルタイムでは観ておらず知らなかったけれど、面白いよと紹介されて観たら、これがすごい面白かった。それぞれ境遇の異なる4人が、それぞれ隠し事をしながら弦楽四重奏「カルテット」を結成する。こういう「…

小さな庭を

地下1階のドライエリアから1階のテラス(と呼んでいる小さなバルコニー)に植物を移した。ユーカリの鉢植えは、一度は地下に降ろした重い鉢をもう一度上にあげるのに苦労したけれど、前よりも日の当たる場所に置くことができた。また、枯れてしまったハー…

植物を育てる場所

ドライエリアで育てていた植栽を枯らせてしまった。失敗しながらでもいい、試行錯誤していこう、と気軽に始めたものだったけれど、やはりショックだ。思った以上にドライエリアの日当たりは良くないらしい。ちょうど日光があたる時間帯があるからと、鉢植え…

SNSへの祈り

昨晩huluで「3年A組」を観だしたら、止まらなくなって、結局最終話まで一気に観てしまった。終わったのは夜中の4時頃。寝て電気を消してしばらくしたら、外が明るくなってきて驚いた。 ストーリーは衝撃に次ぐ衝撃。クラスメイトの自殺の真相がはっきりした…

hulu

ひょんなきっかけでhuluに登録したので眺めていたら、ちょっと気になって頭の片隅にあったのだけれど観ていなかったコンテンツを発見した。せっかくの休みだし、と何の気なしに第一話を観たら、飲み込まれてしまい、続きの観たさにうずうずする。最終話まで…

奇跡を確かめる勇気を

日曜日。場所は松陰神社前。買い物ついでに立ち寄ったのは、3年前に一度入ったきりだった小さなカフェ(※1)。居心地こそ良いものの、座席数の少なさに入って長居するのもためらわれて、しばらく遠のいていた。久しぶりに入ったら、大きいテーブルがあいて…

ボナペティ

THE YELLOW MONKEYの名古屋ドーム公演配信を、待っている。 ドームツアー最終日の東京ドーム公演が中止になったのが4月。それから5か月が経とうとするいまも、まだまだライブだ!という空気が戻らない。そんな社会になってしまったことに愕然とする。でもた…

本を買ってプラマイゼロ

昨日、本棚からあふれた本を手放そうと思って古本屋に本を売ったのに、昨日今日とまた新刊書店で気になる本を買ったので、結果プラマイゼロになった。しかもこのところ気になる本はたいてい単行本で、大きい。どう考えても単行本より文庫本、新書の方がたく…

ブックオフと古本

久しぶりにブックオフで本を売った。在庫が少ないので買取を強化します、というニュースを見たというのもあるが、一番の目的は本棚の中を代謝させるため、だ。これはもう読まないだろう、という本も少なからずあるので、それは売るなり処分するなりしていか…

できるだけ正直に、できるだけ自分らしく

仕事でウェブサイトをつくるということもあり、ウェブタイポグラフィについて勉強している。まだ始めたばかりで、どれだけ時間を費やしたらどれくらいの知識を得ることができるのか、さっぱりわからない。勉強したら、きれいなホームページがつくれるんじゃ…

ユーカリ

ユーカリに出会った。なかなか見つからないなと思っていたところ、事務所の仲間に二子玉川のお店を教えてもらった。行ってみたら想像以上に大きな園芸店で、ちょうどいろいろな種類のユーカリが入荷していたタイミングのようだった。複数の鉢植えを見て、こ…

ドライエリア ガーデニング

休みの時間を使って、ドライエリアに植物を置こうと思った。簡単に言うと、ガーデニングだ。いわゆる「庭」というほどのものではないけれど、ドライエリアの一部を使って、植物を育てる。室内から窓の外を見ると、葉や土が見える。そういう自然のものを感じ…

これまでにない時間

昼間、少し仕事の後、連休へ。これだけどこへ行こうとも決めず、とにかく行動範囲を狭くして過ごそうと思ったことは、なかっただろう。せいぜいが、休みを満喫するために二、三日寝転がって過ごすくらいだ。でも今年はそうではない。積極的に「出歩かないよ…

緑の家

自宅のドライエリアをもっと充実させたいと思っている。あこがれはありつつも、なかなか手を出せずにいたガーデニングだ。 まずは植物を買って、置こう。ちょっと背丈のある、室内用の観葉植物ではなく、外用のそれだ。使う鉢ももう決めている。植物は、ユー…

ランディチェア

自宅のドライエリアをもっと有意義に使えるようにと思い、外用の椅子を買った。ドライエリアなんて意識しなかったら室外機置場で終わってしまう。そうやってせっかくの空間を無駄にしたくなかった。せっかくなら、椅子をきっかけに、そこにいることが目的に…

「作家」と名乗ること

肩書は何ですか。そう聞かれると、いろいろやっているから一つに絞れないのだけれど、共通して言えるのは何かを作っているわけだから、ひとまとめにして「作家」と言うことにしているんです。いとうせいこうさんがそのようなことを言っているのを聞いて、な…