走りながら本を読んで考え事をすることができたら

ジョギングしながら本を読むことができて、そのまま自分の仕事についてじっくり考えるということができたら最高なのに。なんてことを急に思いついた。もともと、複数のことを同時に行うなんてことを要領よくできる人間じゃなかっただろうに。とも思うのだけれど、考えてみたら、一つのことに集中して取り組む職人気質の人間でもなかった。なににしても中途半端、私はこれで飯食ってます、という堂々と胸を張れる技術を思い描くことができなくて、歯がゆい思いをしている。

 

でも、これをしていると楽しい、というようなことを同時にできたらいいなぁなんて夢想するくらい、やりたいことがたくさんあるというのは、いいことなのだろうとも思う。本を読みながらジョギングするなんて実際にはかなり難しいけれど、それを可能にしてしまえるアイデアがもしあったら・・・。なんて考える。いや、そういうことは両立させようとするといけないんだ。走る時は走ることに集中する。本を読むときは読むことに集中する。それぞれのことに集中しているからこそ、その時間が快適なんだ。そのことにやっといま、気づいた。

 

さて、今日はいつもよりちょっと早いし、外はまだ暑いけれど、走ろう。走って、身体が汗を流して軋む、その感覚を味わうことに集中しよう。