Easy Go

「Easy Go」頭の中を、この曲のメロディが鳴り響いている。いつものカフェでも。その途中の道でも。美容院でうとうとしている時でも。上機嫌で行こう、不機嫌でいたらダメだ、という自分の気持ちはおのずと、上機嫌でハイテンションな曲を欲する。

 

30周年記念ツアーのファイナルに奇跡的に参加することができてからというもの、彼らが放つエネルギーに身をゆだねている。「今宵の月のように」とか「悲しの果て」とか、こういう名曲を経て至るいまの彼らが出す直近の新曲が「RESTART」そして「Easy Go」。これを上機嫌と言わずして何を上機嫌と呼ぶ?この年齢で、ピョンピョン跳びはねながら声を絞り出す。これまでのキャリアの重みを出すというより、若いころのストレートなパワーを放出しているような感じだ。そしてこのキー。歌いづらいとか、喉がやられるとか、そういう気持ちは一切ないのだろうか。むしろ限界に挑戦しているような感じか?

 

どこで息継ぎしているのだろう。このテンポで歌える気がしない。全速力で走るようなメロディが、落ち込みがちな自分をアゲてくれる。「俺は今日もメシ喰って出かけるぜ」。

 


エレファントカシマシ「Easy Go」Short ver.

 

酒とコミュニケーション

プロジェクトが一段落したので、事務所の仲間全員で打ち上げに行った。場所は人気のお好み焼き屋さん。テーブルを皆でつめながら囲み、鉄板をつつく。自分で言うのも変だけれど、いい光景だった。

 

そのプロジェクトを担当したスタッフは、年こそ自分とあまり変わらないのに、飄々と、かつ正確に仕事を進めるスーパーマン。そのエネルギーがどこから湧いてくるのか、まるで分からない。その知識、知恵をどうやって仕入れて、どうやってアウトプットしているのか、まるで見当がつかない。自分が不勉強すぎるだけなのかもしれないけれど。

 

仕事仲間とお酒の席でコミュニケーションをとることの大事さは言葉ではよく耳にしながらも、「はいはい、それは分かるけれど、自分はそんなに飲めないし、そういう場を設けなくたって仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションはとれるでしょうに」なんて言いながら、どちらかというと否定的に考えていた。でもやっぱり大事なんだなぁということを、実感できた気がした。なんだかんだ言って仕事の話になり、いま進めている、新しい取り組みを交えたプロジェクトのアイデア出しが始まる。「なにそれ?」というのも含め、様々な角度からのアイデアが出る。まさにブレインストーミング。アルコールが脳に染み込んでいるからこそ出る言葉って、本当にあるんじゃないかと思った。焦って、スマホのメモ画面を起動する。こんなの、メモしておかないと絶対覚えていられない。

 

仕事を進めていくなかで、自分が心の中でふと感じたこと、良かれと思って行動したこと、行動に移さなかったこと、それらが仲間からどう見られているのか、そしてどう思われているのか。指摘されたことで、そのことに気づけた。これから直すべきところは直し、不機嫌は上機嫌に改めて、より円滑に、楽しく仕事をしていこう。

 

「カタいんだよ」それにしても、まさか社会人になりたての頃に直属の先輩に笑って言われた自分の短所を、社会人になって12年を過ぎたいま、同じように言われるなんて思ってもいなかった。自分が実は全然成長していないんじゃないかと思えて、泣けてくる。「飲みが足りないんじゃないか?」と言われたけれど、たぶんそうじゃない。飲みすぎたんだと思う。生中2杯だけど。たぶんアルコールには、胃に入らず、重力に抗って口から目に向かい、涙となって感情を放出させる性質があるんじゃないかと思う。

 

土壇場で集中力を

 

f:id:bibbidi-bobbidi-do:20180617122320j:plain

 

壁面本棚をつくってくれた家具屋さんの個展で、相模原へ。新作家具を見て、その繊細さ、ディテールへの気の配り方、飽きの来ないシンプルなデザインの良さ、無垢材の肌触りの良さなどを、改めて感じた。取っ手に使われている、普段あまり使われない金物も、センスが光っていて、良い。自分が壁面本棚と机をつくってもらうのがもし今日以降だったとしたら、自分の机もこのように、抽斗をつけてもらっていただろうと思う。

 

久しぶりにご夫婦の誠実な人柄に触れ、元気が出た。仕事では、本当はこうしてはいられないくらい、やらなければならないことが山積みで、正直テンパっている。というより、やるべきことの山がなんとなく脳をよぎっていて、その総量を把握することができず、うろたえている。であるにもかかわらず、そう悩んでいるようにも見えない自分に、情けなさを感じる。仮に土壇場で集中力を発揮するタイプなのだとしても、ちゃんと集中力を発揮して結果オーライであれば良いのだけれど、そうでもない。この二日間、遊んでしまったからには、ちゃんと集中力を発揮して仕事をしなければ。また明日から一週間、頑張ろう。

不機嫌は罪

上機嫌でいることを忘れちゃいけない。不機嫌はもはや罪だ。この本を読んでその意識を強くした。以前から自分の不機嫌が嫌で、不機嫌になってしまう自分が情けなくて、そうじゃいけないと思いながら過ごしてきたけれど、なかなか上機嫌を技にできない。

 

「機嫌というのは、表情や態度に現れる快、不快の状態」とあった。これを読んで、何だか肩の力がすっと抜けたような気がした。なぜなら、不快だという感情を抱くこと自体は悪いことではなく、大切なのはそれを表に現わさないように気にしさえすればよいのだと確信できたから。嫌なことがあって、嫌だなぁと思ったっていい。それを顔に出さないようにしましょうよ、ということだ。だから、技なんだ。

 

仕事でつい不機嫌な態度をとってしまう自分に、いつも嫌悪感を抱く。あのとき、きっと不快が伝わって、嫌な気分にしてしまっただろうな、と後悔することがとても多い。だから、この本を読んで、上機嫌を技化して、いままでの不機嫌という罪を滅ぼそうと思う。

   

不機嫌は罪である (角川新書)

不機嫌は罪である (角川新書)

 

  

上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)

上機嫌の作法 (角川oneテーマ21)

 

 

 

もう一冊、上機嫌について説いていた本があったはずだ。書道家の武田双雲さんの本だ。彼も非常に上機嫌で、にこにこしていて、穏やかな印象の方だ。上機嫌のすすめ。・・・と本棚を探すも、見つからない。手放してしまったか。

 

上機嫌のすすめ: 527 (平凡社新書 527)

上機嫌のすすめ: 527 (平凡社新書 527)

 

 

大切なモノは目に見える場所に保管する

「大切にしたいモノがあるのなら、それは普段目に見える場所に保管しておくべきである」そんな言葉に触れる機会があり、それ以降、意識している。自分にはもったいないと思うくらい立派な壁面本棚をつくった時だって、収納している本を隠すための扉をつけることもちょっとは検討したけれど、すぐに却下した。本棚を、本を収容するための箱と考えるのであれば、そして、少しでも部屋をすっきりと見せることを優先するのであれば、本を隠して箱としてのインテリアをつくった方が良い。だけどそうはしなかったのは、自分にとっての本棚は本を収納する箱という機能にとどまらず、本の背表紙が並ぶさまがひとつのインテリアを形づくるのだと考えていたからだ。本は情報が記録されている媒体にとどまらず、その紙の塊そのものが一つの作品であり、美しさを持つモノでもあると考えていたからだ。そして何より、蔵書を目に見えないところで誇りまみれにさせることなく、常に目の届くところに置いておきたいと考えていたからだ。結果、部屋の中でご飯を食べている時でも、ウトウトしている時でも、こうして記事を書いている時でも、視界に入ることでその時その時に何か刺激が脳に入り込んできていると感じる。その感覚を、大事にしたい。

 

次に、密かにつくりたいと思い描いている家具がある。奮発して買ったCDコンポを置くローボードだ。それはCDコンポを置く専用とし、色も、雰囲気も、できればCDコンポと揃えたい。そして、いま本棚に入れて保管しているCDをそのローボードに移したい。

 

だけど、たいていのローボードは扉があって、その扉を閉めたら中に入れたものが見えない。ガラス窓にして見えるようにできるものもあるけれど、数は少ない。やはり、保管するCDを見えるようにはしたい。けれども一方で、本棚とは違って、面としての扉の素材感も出したい。家具の表情をつくる正面をCDジャケットで埋めるのではなく、木のやわらかさで包み込みたい。そんな葛藤が、いま自分の頭の中で渦巻いている。

 

ドライフラワーのリース

自宅近くの手作り市で、ドライフラワーのリースに出会った。ヤマブキの花の鮮やかな色がまぶしい。生花と違ってずっと飾っておくことができ、しかも、ゆっくりだけれど退色していく、その変化をも楽しむことができる。ちょっとした興味はあってもいままでは手に取るまでには至らなかったけれど、今日、勇気を出して手を出すことができた。

 

「男の人で興味を持ってもらえるなんて、珍しいことです」作家さんにそう言われ、恥ずかしさが半分。そうですよね、この風体で花だなんて。「女子か」て自分で自分にツッコミをいれたくなるほどだ。しかしもう半分は、なぜだかうまく説明できないのだけれど、嬉しい気持ちにもなった。他人と違うんだ、と思ったからだろうか。「いやいや、素敵です」そう作家さんにおだてられたからか。

 

花が好きだという男性を、それでも自分は何人か知っている。松浦弥太郎さんは「週に一回、花を買う」「雨の日こそ、花を買う」という。自分が花に関心を持つきっかけは彼のエッセイだといって間違いない。ストレイテナーのホリエアツシさんは、「オトナとは?」と聞かれ、「花を愛でる」とこたえた。近年、ノウゼンカズラの魅力に取りつかれたのだという彼は、ツル植物の生命力やその花のもつ美しさに気づくことが、オトナになったということなのではないかと言う。そして、自分が堂々と、いや、ちょっと恥ずかしがりながらだけれど、花が好きですよと言えるまでになったのに多大な影響をもたらしたのが、映画「ポリスアカデミー」に登場する心優しき怪力大男、ブバ・スミス演じるモーゼス・ハイタワーだ。実家である花屋の店先で、静かに茎を切る姿に、失礼だけれど見かけによらない心のありようを見ることができたと思った。こういう大人に自分もなりたいんだ、と、ストーリーの本筋以外のところで感動したのも、良い思い出だ。

 

こうして文章を書いている、机の脇にはヤマブキのリースが。この花がゆっくり時間をかけて退色していく、その様子に季節や時間の流れを感じるようになれたら、素敵だなぁと思う。

 

幕張マルシェ

f:id:bibbidi-bobbidi-do:20180604005444j:plain

f:id:bibbidi-bobbidi-do:20180604005521j:plain

幕張海浜公園でマルシェをやっていると知り、久しぶりに海浜幕張へ。前職では毎日通っていたこの街は、スケールの大きい変化をいまもし続けている。普段はほとんど行かないアウトレットも、こうして見てまわると刺激的で、得られるものが多い。もっと自分の身のまわりのものに気を付けなければ。

 

大きな公園の中で出店しているお店を見て、キッチンカーは素通りし、ウォーキングコースを一周する。無機質な埋め立て地、という漠然としたイメージのある幕張だけれど、緑豊かな公園の中にいて、はしゃぐ子供たちを見ると、決してそうでもないのだと思う。かつての職場のある業務都市という位置づけからいまだに脱出できていないけれど、公園あり、商業施設あり、そんななかで大規模なマンションがあり、つまりは住むための街として賑わいを創出している。いまはそう頻繁に行くような場所ではなくなったけれど、自分にとってはいつまでも特別な位置づけの街だ。

 

 

西船橋から乗る武蔵野線のホームがやけに混雑していて、海浜幕張駅の人の多さにもびっくりした。面食らうも、赤いユニフォームを着た人を見て、納得。マリーンズとカープの交流戦らしい。ビジターなのにこの熱量。広島のエネルギーに負けるなよ。

プロフェッショナルの自覚を持つこと

仕事。管理組合の臨時総会。民泊利用を禁止するための管理規約改正や予算案修正、大規模修繕工事を進めるための手順など、話し合う。また細かな問題に対する解決方法を探り、組合員間で合意する。年数がたてば年数が経ったなりのさまざまな課題があって、それと同時に、年数が経ったなりの信頼関係があるのだと感じた。

 

自分がそこでサポートする意義を見出すには。その管理組合にとって必要不可欠な存在になるためには。まずは自分がプロであることが大前提なのだけれど、その自覚が持てているかと聞かれると、首を横に振らざるを得ない。もう6年もやっているのに、恥ずかしい。

 

プロフェッショナルを目指すための心得として。とにかく一つのことに「覚悟」を決めてみる。そのためにとことん考える。これと決まれば、そこに向かって真っすぐ進めばいい。迷いもなくなるし、悩まずに済む。

 

いまいちど原点にもどり、自分はコーポラティブハウスをとおして何をなしとげたいのか、どうしたいのか、をじっくり考えよう。無から有をつくること、新しいコーポラティブハウスをつくって住まい手に価値を贈ることはもちろん、加えて、自分がいま関わっているコーポラティブハウスの管理組合の幸福度を最大化すること。そのために自分が得た知識や経験を提供する。つくるプロセスだけにメリットがあるのではなくて、完成後もずっと幸せなのだということを、示したい。関わっているすべての管理組合員に「ありがとう」と言われたら、もうあとは何もいらない。

 

・・・なんてことを、久しぶりにひっぱってきた本を風呂で読みながら、考えていた。そうするために、覚悟を決める。プロフェッショナルになれるように。自覚が持てるように。

 

プロフェッショナル宣言 (星海社新書)

プロフェッショナル宣言 (星海社新書)

 

 

インテリア雑誌

事務所からほど近くに、土日限定でやっているカフェがある。普段は夜オープンするバーなのだけれど、そのマスターの奥さんが、昼間店を閉めているのはもったいないということでランチを出し始めたのだそう。平日そこにないものが、休日だけ現れる。一方自分は、平日昼間にそこへ行くことはほとんどないけれど、休日、仕事で事務所に行ったときに立ち寄ることができる。それに下戸な自分はバーのお客になれる気がしない。こうして、必然的にカフェの方に行くことになる。今日はコーヒーだけでなく、初めてランチを食べた。キーマカレー。こういう手作りの味が本当に良い。

 

コーヒーを飲みながら、事務所のすぐ近くの古本屋で300円で買った古い北欧雑誌に目を通す。デンマークの家具デザイナー、ポールケアホルムの自邸がすごく良い。家具がずっとそこにあったかのように自然にたたずんでいる。モダンでありながら、冷たい印象はまるでなく、住み心地の良さを感じるようなあたたかさが、写真からも伝わってくる。天井に照明がなく、置き型ランプで明るさを確保するという発想も良い。点けたいときに点けたい場所だけを。そんな必要最低限主義を感じることもあれば、椅子は決して少なくない。あるべきところにあって、浮いているものがない。そんな自然な家具配置を、自分も参考にしたい。

 

このところ、住宅雑誌、特にインテリア雑誌をよく買う。自分に設計センスがないというコンプレックスを、こうした雑誌を通して美しいインテリアに触れることで解消させる。自分では設計できないけれど、こういう事例があって、こういう考え方が参考になりますよ、ということが頭にパッと浮かぶようになりたい。

ハイペースがマイペース

「自分が客の立場で席について、コーヒーを淹れてもらうのが夢なんです」生き生きと、屈託のない笑顔で言ういつものカフェの店主が印象的だった。「そんなの、すぐ叶うでしょうに」なんて思って口にしたら、そうじゃないんです、と彼女は笑みを絶やさない。スタッフがみんな技を覚えてくれたら。そう話す彼女の目は、輝いていた。

 

そうか。他人から見たら、そんなのすぐに叶うんじゃないの?と思うようなささいなことでも、本人にとっては何事にも替えられない立派な夢なんだ。自分の視野の狭さを思い知った。

 

明日、オープン1周年のイベントを行うとのこと。この1年を駆け抜けたスピードは、客観的に見てもものすごく速かった。もうちょっとゆっくりと、マイペースにやったらどう?と言いたくなる。でも彼女にとっては、このハイペースがマイペースなのだろう。とすると、自分の助言はまるで彼女らの役には立たない。

 

1周年、おめでとう。あなたのお店をオープン当初から知れて、自分の居場所とすることができていることが、自分の誇りです。これからも、よろしくお願いいたします。

篠崎のデニーズの記憶

f:id:bibbidi-bobbidi-do:20180520111320j:plain

 

f:id:bibbidi-bobbidi-do:20180520111523j:plain

 

自転車に乗ってちょっとそこまで。いつもはジョギングで通っていた道も、自転車だとまた少し違った風景に見える。速く走っているからかな。胸が苦しくないからかな。

 

前職で足しげく通っていた篠崎という街も、区画整理で様変わりしていた。久しぶりに行ったら、いつの間にか公園や駐車場が生まれていて、違う街に来たような感覚を覚えた。打合せでよく使ったデニーズが、当時の、がむしゃらでかつ幼稚な営業マンたる自分を思い出させてくれる。

 

川を渡ったすぐ隣なのに、そこには都と千葉という境目があるからか、どこか異国感すら感じる、篠崎。これからはその境目を、心臓を苦しめることなくサラッと飛び越えることができるのだ。

 

行動範囲が広がった。今度はもっと、遠くへ。行きたいところは、いろいろある。

 

他人から学ぶこと

仕事終わりにいつものカフェでコーヒーを飲む。閉店ギリギリでほとんど居られなかったけれど、それでも、ちょっと人と話をしたい、話をすることで、心の中のもやもやした煙のようなものを、取り払いたかったのだと思う。そう、自分にとって行きつけの喫茶店は、コーヒーを飲むところである以前に、そこで過ごすことで気持ちをリセットさせて自分を次へと向かわせる、そのための居場所なのだ。

 

カフェを開業するという夢を叶えた店主も、一時期社会人をやっていたころがあったという。やりたいことをやるために、技術を得るために、必死に勉強していた頃。仕事で成果を上げることと勉強との両立がうまくいかず、身体も悪くし、結局はすぐにやめてしまったけれど、なんて当時のことを笑って話すけれど、そういうひとつひとつのストーリーに、自分も頑張らなきゃ、と奮い立たせてくれる種がある。短い時間であったとはいえ、営業成績のことを考え、朝早くから夜遅くまで仕事に励む。言葉にすると簡単で、自分もそうありたいといつも思っているけれど、なかなかできることじゃないし、社会人13年目になるいまもできていない自分に、情けなさを通り越して腹立たしさすら感じる。そうじゃないだろう、自分よ、と。

 

 

「世界に通用する会社の入社試験くらいパスできなくて、なにがフリーランスだ」イラストレーターの安西水丸さんの言葉を本で読んで、なるほどなぁと思った。本人はそういう自分のことをへそ曲がりと言うけれど、そうは思わない。その志がある人が、フリーランスでも食べていけるのだとすると、すごく自然な考え方にも思える。

 

プロ論。

プロ論。

 

 

 

「その時その時をね、全力で生きていれば大丈夫。問題ない」ミュージシャンの土屋昌巳さんがLUNA SEAのSUGIZOに言っている映像を観て、刺激を受けたことを思い出す。きっと自分の想像の遥か上を行く努力をして、こだわって、生きているのだと思う。それに比べたら自分なんて頑張っているうちに入らない。例えば、今日一日、全力で生きましたよ、と胸を張って言える日がここ最近あっただろうか。ないねぇ。「その時その時を全力で」それを、仕事に。

 


LUNATIC FEST. KA.F.KA

 

 

今日久しぶりに会った仕事相手から、彼がどうやって仕事をつくっていこうかと考えているかを聞いて、背筋が伸びる思いがした。自分で仕事をつくっている彼は、同時に営業マンでもある。仕事は待っていたって来るもんじゃないんだから、自分から取りに行かないとダメだろう。そのための、クライアントに面白がってもらうための努力は、たとえ成約に結びつかなくて無駄骨になったとしても、する。その姿勢が、以前から自分がそうありたいと憧れていた姿と重なった。ひきかえいまの自分はどうだろう。ちょっとしたサボタージュが「それは無駄なんじゃないか」という疑問を敏感に察知し、そこまでやらなくていいだろう、と思ってしまう。ちょっとサボったって、それが直接の原因になって成約するものも成約しなくなる、なんてことはないだろう、と思ってしまう。ずっと気を張っているのは無理だけれど、その怠け癖をちょっとでもなくさないと、進歩はないだろう。他人から学ぶことは本当に多い。

おこめのいえ手創り市

手創り市があると知り、午後、松戸へ。旧米屋の中庭で行われるという作家さん企画の手作り品限定マーケットが、自宅からそう遠くない松戸にあるということで、興味を持った。しかし天気はあいにくの雨。午前中は晴れていたのに、昼過ぎから雨が降り始め、駅に着くころには本降りに。着いた瞬間、「終了しました」の立て看板が目に入り、脚の力が抜ける。「降ってきちゃったので・・・すみませぇん」表にいた方にそう言われ、もっと早く家を出ればよかったのに、と午前中の時間の過ごし方を悔やんだけれど、もう遅い。

 

しかもそのあとは土砂降りで、気分は下がる一方。それでも、久しぶりに松戸の街を歩けたし、良しとしよう。手創り市も2か月に1度やってるみたいだし、また来ようと思った。

 

www.comeichi.com

 

大学生とサグラダファミリア

仕事終わりにコーヒーを飲みに喫茶店に入った。新しいスタッフだという彼女は建築学科で勉強中。将来は店舗設計の仕事をしたいのだとか。一応自分も大学で建築を勉強してきた(いまも勉強中)から、なんとなく話がはずんだ。留学するだとか、友達と海外旅行へ行っただとか、そういう話を聞くたびに、大学生の行動力はすごいと思う。14年前。大学3年生だった自分にそのような気力があっただろうか、と思い返すと、首を横に振らないといけない。あの頃は食って寝てギター弾いて、といった感じのぐうたら学生だった(ギターを弾く練習をしていた、ということに関してはぐうたらしてなかったと胸を張って言えるけれど)。

 

ヨーロッパ建築旅行。フランスへ行って、イタリアへ行って、スペインへ行って。スペインでは、サグラダファミリア、と普通に言うものだから、つい身を乗り出して「それでそれで?」となった。サグラダファミリアも、カサミラも、グエル公園も。すべてが比較的近いところにあったから、全部観て回りました。なんて、その小さい身体からは想像できないバイタリティ溢れることを平気で言う。大学生って、すごいね。

 

当時の自分にその気力はなかった。勉強して知識を吸収したいという欲求はあったはずだけれど、海外の見知らぬ土地に身を置いて、五感で刺激を受けようだなんて、自分には重すぎたんだと思う。その結果として、今がある。就職して1年目の社員旅行が初海外だなんて、恥ずかしくてあまり他人には言えない。

 

サグラダファミリアを生で見ること。それも、竣工する前に。これがちょっとした自分の夢だ。まぁ自分が生きている間は竣工しないだろうと思っていたけれど、結構すぐみたいですよ、と彼女に言われ、ぎょっとした。そうなの?

 

ガウディの独り言 (京都書院アーツコレクション―建築関係シリーズ)

ガウディの独り言 (京都書院アーツコレクション―建築関係シリーズ)

 

 

BIRD MARKER

f:id:bibbidi-bobbidi-do:20180506224602j:plain

 

帰省時には必ず立ち寄ろうと思っている古本屋とセレクト雑貨屋がある。今日もそこで良さそうな本、雑貨を見繕う。

 

前から目にしてはいたものの、あまり心に響いていなかった栞が、なぜか今日、心の琴線に触れた。本の間から鳥が顔や尾を出す。小鳥が飛び回る様子が、本を読む優雅な時間と、なんとなく重なった。スウェーデンのデザイナー、フンミン氏についての「短いお話し」にも、ぐっときた。「鳥達が陽気にさえずりながら頭上を飛び交う光景」それと栞のデザインとの関連が、すごく良い。

 

 

「bird」鳥を想像するとなぜか心が躍るというか、高揚する気がする。なんかよさそうだなぁ、好きだなぁ、と思うものに、鳥という名前を冠したものが比較的多いからかもしれない。日産の「ブルーバード」。代々木公園のカフェ「Fuglen Tokyo」(行ったことないけど、憧れ。Fuglenが鳥という意味だそう)。活版印刷の「BirdDog Press」、「Blackbird Letterpress」。吉井和哉さんのちょっと異質なソロアルバムは「Hummingbird in Forest of Space」・・・。

 

 

何か自分で価値のあるモノをつくるとしたら。そのモノに「心地よい暮らし」を意味する言葉を託すとすれば。陽気にさえずりながら頭上を飛び交う「鳥」がいいなぁ、と思う。