読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEEKENDER

更新するのは休日のみ 週末男の人生議事録

年末年始の過ごし方

伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」をいま読んでいる。帰省する電車内、東上線に揺られる時間の長さを紛らわせるのにも、うってつけだ。複数の話がポンポンとでてきて混乱するが、それもまた楽しい。「伏線の回収」「勧善懲悪」が彼の小説を特徴付けるキーワードなのだとすると、まさに彼らしさのど真ん中をいく話なのではないかと、読み途中だけど、思う。ただ、最後まで全体像がつかめず、よって最後まで楽しみだ。

 

手元には、これまた読み途中の「死神の浮力」もある。このまとまった休み、決して季節感のある過ごし方ではないけれど、本を読んで過ごすというのも、良いなぁ。と、「日頃忘れがちな視点を本が授けてくれる」という朝日新聞の広告特集をみて、思った。

 

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

 

  

死神の浮力 (文春文庫)

死神の浮力 (文春文庫)