まわり道

遠回りしても良かったと言える大人になりたい

(吉井和哉「WEEKENDER」)

  

自分がいままで経験してきたすべてのことが、自分が生きていく上での糧になるようでありたい。将来、なんとしてもこれをなしとげたい、という目標があったとする。その目標を達成させるための最短経路が仮に分からないとしても、日々得られるものが、その目標達成へとつながっていくのだ、という気持ち。まわり道であったとしても、遠回りだと思われるようなことであったとしても、それを目標達成の道へと自分の力でつなげていくのだ、という覚悟。そういった気持ち、覚悟がある人は、強く、素敵だと思う。

 

「毎日を大事に」「いま目の前のことを全力で」なんてありきたりな言葉に行き着いてしまうのだけれど、これって大事なんだなぁ、と思う。