読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトナの原点

原点なんて大げさにいうつもりはないけれど、自分が音楽を好きになる原点はなんだったんだろう、と、考える。

 

初めて自分で買ったCDがGLAYの「HOWEVER」だったから、きっかけはそこだろう。97年の紅白歌合戦で聴いてかっこいいな、と思い、翌年の「誘惑」をMステで見たのだけれど、その時一緒に出演していたLUNA SEAに衝撃を受けて、そっちに鞍替えして、結局いまに至っている。ロックにのめり込むきっかけを与えてくれたのが、GLAYなのだ。もちろん、LUNA SEAと同じくらい、いまもGLAYも好きだけれど。

 

「一番最初はブルースブラザーズ」ってのは、わかる気がするな。なんでも自分でやっちゃえるようなスーパーマンを、ヒーロー視するっていう気持ちは、すごくよくわかる。特定のこと一筋の職人タイプの人をカッコイイと思うのももちろんわかるけれど、やっぱりなんでも自分でこなしちゃう、そういう広い思考をもっている人を、心から尊敬するんだ。どこか客観的な自分がいて、「はいはい、すごいすごい。どうせ自分にはできませんよ」と思っちゃうこともあるのだけれど。

 

 

20代前半の頃は、老け顔、とまでは言われないけれど、「大人っぽいですね」と言われることは多かったと思う。「ホントに○○歳ですか?なんでそんな落ち着いてるんですか?気持ち悪い」とまでは言われなかったけれど、「落ち着いてますね」と言われることは多かったと思う。これから年相応になって、今後、若く見られるように、なれたらいいなぁ。