読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当はどっち

朝から夜まで、仕事ではあったが、内容が濃いというよりは、移動してばかりで余裕のない一日だった。

 

スケジュールの合間を縫うように、さまざまなやることが侵入してくる。セッティングしているのは自分なのだから、自分のせいだと言えばそれでおしまい。心に余裕をもてるスケジュールを組みたい、慌てながら仕事をしたくない、といつも思うのだけれど、そうもいかないものだ。

 

時間が足りないと思うくらいビシバシ働いて、そうして得る達成感、充実感を味わいたい、と思う一方で、心にゆとりをもちたいという思いも働く。本当はどっちなのか。

 

それにしても、明日のまかない飯がうまく作れるか、それがなにより心配だ。仕事どころじゃない。