読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Season10-13 藍よりも青し

 

相棒 season 10 DVD-BOXII (6枚組)

相棒 season 10 DVD-BOXII (6枚組)

 

 

相棒season10 中 (朝日文庫)

相棒season10 中 (朝日文庫)

 

 シーズン10 第13話「藍よりも青し」

 

産廃工場の社長・真壁が自宅で死体となって発見された。首をつっていた状態から自殺とみられたが、遺書を打ったパソコンに残った指紋の形から、右京は自殺に疑問を抱く。

 

その産廃工場に対して、廃液が出るという理由で地元住民の反対運動が起きていた。そしてその反対運動に積極的に取り組んでいたのが、工場の近くで草木染めの工房を営んでいる彩乃(役:梶芽衣子)だった。その彩乃が、ある時から反対運動を辞めたという。

 

真壁の部屋から、彩乃の工房を撮った写真が見つかる。なぜ真壁がそんな写真を撮っていたのか?工房について問いただすが、彩乃は「企業秘密」といって隠そうとする。工房の秘密とは?そして真壁の死の真相は??

  

「自分を犠牲にしてでも守りたい伝統」がテーマか。自分の代で終わってしまう草木染めの技術を残そうという想いが、今回の事件を引き起こす。

 

情けない話、ある程度話を覚えていながら、DVDで再度見て、オチで涙を流してしまう。自分の技術を残したい、そう強く思えるような「なにか」を持てることの、なんと素晴らしいことか。それを見たあとの、産廃工場の社長の邪悪さったら、ない。