読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒服

いま、黒シャツがマイブームだ。あんま着ないけど。かっこよく着こなすテレビの世界のヒーローがいて、昔から漠然と抱いていた「黒ずくめ」のよさを再認識する。

 

一昨年の年末は、東京ドームでの黒服限定(無料!)ライブに備えるもチケットが取れず、断念。来年始めの武道館のライブは、ドレスコードでないが、黒ずくめで参戦してやる。黒シャツに黒スーツ。ドキドキします。

 

転職を機にほとんどスーツを着なくなった。それはそれで身軽になったのでいいのだが、もともとあまりスーツを着て出勤することが嫌ではなかったので、寂しさも感じている。やっぱりジャケットを着ると気が引き締まるし。スーツ姿の男にかっこよさを感じる女性がいると聞くが、それは男目線でも言えると思う。「人による」という条件付きだが、やはりスーツをパリッと着こなす男はクールに見える。

 

白シャツに黒ジャケット。その白黒の対比が一番オーソドックスでいいと思うけど、最近は上記の理由で、全身黒もいいと思う。

 

 

相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)

相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)

 

シーズン9 第14話「右京のスーツ」

 

「相棒」に、スーツの仕立て屋を舞台にしたストーリーがあった。殺害された男が着ていたオーダーメイドの高級スーツに興味を持った右京。その店で、業界では珍しい女性テーラーに会い、彼女にスーツを仕立ててもらう。過去に罪を犯し、前科者という十字架を背負った主人と、その主人を守ろうとする女性テーラー。コミカルな部分に目が行きがちだけど、被害者が殺される原因をたどると非常に(被害者が)憎らしい。

 

オーダーメイドでスーツをつくる。そこまでの贅沢はまだ頭にない。でも、できたらかっこいいな。ひとつの夢ですね。