建築

建築をつくるうえでのポリシー

すごいと思う人、すごいと言われている人に少しでも近づきたくて、その人が読んだという本を読んでみたり、考えていることを辿ってみたりする。今日、国立新美術館へ行ったのも、彼が建築を通して発信している考えをなぞりたいと思ったからだ。 安藤忠雄展「…

日々勉強

国立新美術館で10周年記念展が開かれていると知ってから、改めて氏の本を読み直している。細かいことは抜きにして、それが本当に正しいかどうかは別として、とにかくがむしゃらに、一心不乱に取り組む、その姿勢を、自分も大切にしたいと思いながらこれまで…

建築を楽しむ教科書

昨日、事務所のスタッフと一緒に行った「社食堂」。いち設計事務所がここまでできるんだ、と驚かされた翌日の今日、手に取った雑誌に、「開く会社・開くオフィス」として掲載されていて、また驚いた。業界の最先端を行っている。私はと言えば、スタッフに誘…

11+1

竣工後まる2年を迎えたコーポラティブハウスの管理組合総会に出席してきた。こうして組合員皆さんにお会いする機会は決して多くなく、刺激を受ける。 世帯数は比較的多いものの、プロジェクト進行中からその入居者同士の仲が良く、その密度がより濃くなって…

仙川 引渡し

この週末は二日とも仕事。引渡しを控えたプロジェクトのオープンハウスと、引渡し会だった。 二日間、大忙しで動きまわった。日曜日の深夜、もう月曜日か、こうして少し落ち着きながら、それでもまた今日からまた1週間、引き続きやるべきことを忘れずに、と…

コーポラティブハウスの取り組み考

コーポラティブハウスの新しい取り組み方、企画について、考えている。 1 自分がいまつくりたいもの。それは、その住まいの中だけで機能が完結するのではなくて、外に対して、地域に対して開かれたコーポラティブハウス。入居者だけでなく周囲に対しても敬…

blanc

3月22日。 長く、進めてきたプロジェクトが竣工し、本日引渡しを行った。 地主様の想いがきっかけで始まったプロジェクトは、いまの事務所に入社した時にはすでに始まっていたので、3年弱の期間、関わっていたことになる。 堂々と完成した建物を目の前にし…

打席に立っている

3月1日。日曜日。 夕方、少し仕事。 築10年を超えたコーポラの、大規模修繕について入居者と打合せ。必要な修繕項目を提案して、実施の承認をもらった。予算枠は決まっている。あとは工務店と打合せをして、きちんとした見積と工程表を出して、進める。 いま…

上棟式

12月7日。日曜日。 施工中プロジェクトの上棟式。施主の方々に久しぶりに集まってもらえる機会。集まれてよかったと思う。 工事については苦難が続き、施主の方々には負担を強いてしまっているけれど、いまできることは、これ以上負担をかけないように、高品…

期待されている役割を実現させたい

11月24日。 今月末に引き渡すコーポラティブハウスの内覧会にお誘いいただき、参加してきた。自由設計の内装ももちろんそうだけど、事業の仕組みについても非常に興味深い、これからの自分のプロジェクト企画の参考になるコーポラだと思う。個人的には、前職…

竣工10周年記念

8月24日。日曜日。 自由が丘の竣工済みコーポラが今年10周年を迎えた。入居者発案の記念パーティに誘っていただき、参加してきた。パーティ、といってもそんな厳かなものでは決してなく、入居者の皆さんが手作りの料理など、食べたいものを各自持ち寄って、…

引き渡した

6月21日。土曜日。 吉祥寺のプロジェクトが竣工、本日引渡しを迎えた。 地主様の想いがきっかけで誕生した2つのコーポラ。2期はシンプルなファサードとシンボルツリーの楠が特徴。 そういったハードのことよりも、それに関わった人間の関わり方ほうが印象…

オープンハウス kj2

6月15日。日曜日。 来週引渡しを迎える吉祥寺のプロジェクトのオープンハウスを行った。前作(http://bibbidi-bobbidi-do.hatenablog.com/entry/2012/12/23/232130)から1年半か。またひとつ、カッコいい建物が完成したように思う。スタッフの、プロジェク…

Tears in Heaven

打合せで吉祥寺へ。天気も良く、暑さすら感じた休日の昼間、駅前の歩道には、座って休む若者の列。そこで流れる、アコギのメロディ。エリッククラプトンの「Tears in Heaven」。大学時代を思い出す、懐かしい音色。ストリート演奏をしてるのかとあたりを見渡…

総会

☼ 施工中コーポラの建設組合総会で、吉祥寺に行ってきた。年初の2週連続の大雪などの不可抗力もあり、また繁忙期の慢性的(急性的?)な職人不足によって、工事は思うように進まない。工務店に頑張ってもらわなければならないこと、入居者にお願いしなけれ…

床付

3月15日。土曜日。 昼間、経堂で稼働中の現場で床付(とこづけ)見学会。建物が載る地盤の状態を確かめる。杭を打たないので、この地盤が建物の荷重を支えられるものでなければならない。 建物の躯体はまだなく、ただ土を掘っているだけと言われればそれまで…

賃貸

完成までのプロセスが非常に面白い賃貸住宅があり、その完成お披露目会に招待頂き、参加してきた。練馬区は平和台。木造3階建て、総戸数8戸のいわゆる賃貸マンション(マンションという表現はあまりフィットしないけれど)。このプロジェクトが面白いのは…

大規模修繕

2月16日。日曜日。 午前中、竣工コーポラの総会に出席した。管理組合も11期目を迎え、そろそろ大規模修繕が必要な時期になってきた。外壁の汚れが特に目立ち、足場を組んでの大々的な洗浄、撥水剤処理等が必要。その前に、工務店による大規模修繕前調査を行…

プロジェクト始動

7月20日。土曜日。 企画中のプロジェクトの組合結成式。 今日から、ひとつのプロジェクトが正式に始動する。 以後、ぬかりのないように。 後戻りはできないので。 毎度のことながら準備不足に怯え、当日の不備に怯えながら朝を迎える。 途中、何度もへまをし…

低いもの

休日なのに仕事をしている。やることがあってせわしなく動いている。それらの事実がさらに自分をやる気にさせる。メールの受信数の多さに若干気が滅入りながらも、「安藤様 お世話になっております」「安藤様 ご連絡ありがとうございます」こういった文字を…

地図に残る仕事

都内を歩いていると、ふと、自分がかつて携わった建築がすぐ近くにあることを思いだし、立ち寄ることがある。そういえば竣工してから見ていなかったっけ。あの時はまだ着工前だった。そうだよ、だって、監督と一緒に現場事務所探したんだから。 堂々と聳える…

オープンハウス nkm

12月23日。日曜日。および天皇誕生日。 今日は、先日竣工引渡しを迎えたコーポラティブハウスのオープンハウスだった。 コープラティブハウスならではの、入居者がこだわりにこだわってつくりあげた細部を見て、「暮らしに対してこういう考え方があるんだ」…

悪い癖

11月11日。日曜日。 事務所にて。 昨日、本物の建築家からナマの講義を聞いて、興奮冷めやまないまま自分の仕事に戻った。第一線で活躍する建築家が建築に対してどう向き合っているのか、その真摯すぎるくらい真摯な姿勢に、刺激を受けて今に至る。本当はそ…

建築家

11月10日。土曜日。 夕方、卒業した大学の講演会に出席。 建築家・五十嵐淳氏を招いての建築学科主催の講演会。バリバリ活躍している建築家の話を母校で聞けるとあって、大学時代の友達を誘って行ってみた。 卒業以来ほとんど行ってなかったキャンパス。芝生…

オオイタビ剪定

11月3日。文化の日。 学生時代、文化祭とかわいわいやってたのを思い出す。どこが「文化」だったのかはナゾだけど。もう大学卒業してから7年経つのか・・・ 今日は、竣工コーポラの通路部分、オオイタビの剪定に行ってきた。 http://ja.wikipedia.org/wiki/…

next architect

9月23日。日曜日。 昨夜、自宅前のガスト(24時間営業)でドリンクバーだけを注文し、翌日休みであるのをいいことに、本を読んだり、大学ノートに字を書いたりと、引きこもり的な時間を過ごした。 ドリンクバーなんて聞くと飲み放題でありがたみなさそうに感…

新築か中古か

9月22日。土曜日。 すこし仕事。 中古物件の内覧で、若いご夫婦を案内。 新築中古問わず、いろんな物件を見て回っているよう。やはり興味のある人はたくさん見て情報収集している。そうやっていろんな物件を比較検討している。 だからこそ、そのなかの一つと…

樹形図

仕事をしてると、ふと気が緩んだすきにスタッフに案件について質問され、しどろもどろになり、自分がよく考えていなかったことを思い知らされる瞬間がある。 今日がまさにそうだった。自分が主導権持ってやってる案件について突っ込まれ、こたえに窮していた…

夜の工事現場

エネルギー温存を重視する日曜日。しかし一日どこへも行かないのもしゃくなので、夕方、車に乗って船橋・市川をブラブラする。日曜日の夕方とあって、買い物客なのか車が多く、いつも以上にノロノロ走行だったけれど、それでも最近イライラしなくなってきた…

売買契約

6月24日。日曜日。 「はてなダイアリー」から「はてなブログ」へ移行してみる。 どういう機能が増えたかとか、そういったことはとくに考えていない。単なる気分転換です。 今日は夕方少し仕事。しかし重要な仕事。 売却を任されているコーポラティブ住戸の…